くろすろーどの基本:よく遊びよく学べ! 社会人、学生さん、レベルアップ仲間、集まれ!

神戸・大阪など関西地区を拠点に活動している、20代・30代の社会人と学生のための異業種交流会・コミュニティーです。
「同年代が集まって切磋琢磨・スキルアップをする場所」「長く付き合える友人・仲間をみつける場所」を目指して非営利で活動しています。

くろすろーどは、みんなで作り上げる交流会、みんなが安心して参加できる交流会を目指しているため、 会員制度を採用しており、定例会等に参加される場合はあらかじめメンバー募集(仮登録&入会審査)のページから 仮登録をお願いしております。良好なコミュニティー形成にご協力ください。(年会費等はありません。)

関西(神戸)定例会 レクリエーション 今後の予定
〜お知らせ〜
2015年2月6日付の読売新聞朝刊にて、くろすろーどの活動が取り上げられました!
定例会、レクレーションの魅力を写真付で紹介して頂いています。
(画像をクリックすると、拡大します。)
2016年6月12日(日)
開場 :13:00
定例会:13:30 〜 17:00頃
懇親会:17:45 〜 20:00頃予定

第126回定例会/今南海トラフ巨大地震が起きてもあなたは生き残れますか?〜ゲームで学ぶ防災訓練〜

場所:神戸市三宮
今回は「防災」をテーマにしたゲーム形式のセミナーを行います。

阪神淡路大震災、東日本大震災、そして今回の熊本地震、今、日本は地震の活動期に入っています。
今後発生が高い確率で懸念されている南海トラフ地震や首都直下地震等に対する備えをすることが国民一人ひとりに求められています。
また、地震だけでなく、洪水や土砂災害等、私たちは常に災害のリスクに晒されており、これらへの対策も必須であると言えます。

しかし、いざ災害が発生しても、どのように対応すればよいかわからないという方が多いのではないでしょうか。
また、災害発生時を切り抜けたとしてもその後の生活をどう過ごすか等、あらゆる場面で迷うことが多いのではないでしょうか。
ただ、防災と言われると災害用備蓄があるかを確認したり、避難訓練をしたりと何かと大がかりで、なかなか普段はとっつきにくいイメージがあります。
そこで、今回は、もし自分が災害に遭遇した場合にどう対応するのか、他の方はどう行動するのかをゲーム形式で学ぶセミナーを企画しました。

元消防士で、現在は神戸学院大学で客員教授をされている松山さんとNPO法人兵庫県防災士会で理事をされている高橋さんをお迎えして、 クロスロードという災害時に想定される事例について自分ならどう対応するかを話し合うゲーム形式の取り組みを通じて、災害対策について学びたいと思います。
防災について、ゲームを通じて楽しく学ぶことで、災害時にどう対応するか、日常生活ではどう備えておくべきかを考えていきましょう。

くろすろーどではネットワークビジネス等の活動に対し、全国の交流団体等においてトラブルが報告されているため、 違法(まがい)のセールス・勧誘活動が目的の者や、ネットワークビジネス会員、そして法律等で 認められていない健康食品関係者の参加(出入り)は禁止とさせていただきます。